こんな価値があるの?色んな切手の価格!

切手趣味週間シリーズなどのロングセラー切手

切手収集をする人にとって魅力的な切手の一つに切手趣味週間シリーズがあります。
切手趣味週間シリーズは1948年発行の「見返り美人」や翌年発行された「月に雁等」の切手を含むもので、この2つの切手を初めとして、1955年発行の「ビードロを吹く娘」や1956年発行の「えび蔵」など人気が高い切手シリーズになっています。
因みに、切手趣味週間シリーズの切手は、1955年以降は毎年発行が続けられており、現在でも毎年1度の割合で新しい切手が発行され続けられているもので、切手の中ではロングセラーとも言えるシリーズになります。
切手趣味週間シリーズと伴にロングセラーを続けているのが国際文通趣味週間シリーズ、1958年発行の「京師」を初め、安藤広重やその弟子などが描き上げた浮世絵図が魅力を持ちます。

昭和の時代の切手には価値が高いものが多い

切手の価値は今や額面を下回ることが多いと言われています。
50円の額面の切手の場合、郵便料金として50円の価値がありますが、切手を売却する場合の価値は50円を下回ることが多いと言う事です。
しかし、明治から昭和初期にかけての切手の中には1銭や10銭と言った、現代では通用していない通貨単位のものもあり、こうした切手の価値は高くなっています。
例えば、1871年に発行された切手の中には竜切手と呼ばれている手彫り印刷による古い切手があります。
現存している数自体が極端に少ない事などからお宝とも言える切手の一つで、1871年の竜切手の額面は100文で、現在の価値に換算した場合、約1,152円になると言われており、切手1枚での価値が高い事を現しています。